Home          企業情報サイト

マリンバイオテクノロジー株式会社 Marine Biotechnology Inc.

企業理念

マリンバイオは活魚の生産・流通を支えるオンリーワン技術の開発と商品化を進め、新鮮食材を活かす和食文化の正しい世界普及を目指しています。

地方で水揚げされる魚介類を、付加価値の高い活魚のまま安全安心食材として遠隔地の消費者へ適正価格で届ける「活魚の地産他消」の仕組み作りにマリンバイオは取り組んでいます。

海流が交差する日本周辺の海には世界でも例がないほど多種多様な魚介類が豊富に生息しています。
我が国の漁獲技術はすばらしく、魚体を痛めずに新鮮な状態で魚介類が水揚げされており、さらには、生きたまま水揚げされる魚種も豊富です。
魚介類のほとんどは新鮮な状態にあるものほど価格が高く、鮮度が低下するにつれて商品価値は低下します。生かしたままの状態で魚を消費者まで届けることが、魚という商品の付加価値を最大化する方法と言えるでしょう。しかし、生きた魚(活魚)を流通させることの技術的な困難さ(魚を生きたまま流通させる技術が未発達で方法論的に難しい)とコスト面の不利(生きたまま運ぶには設備を備えたトラックや産地・消費地にストック用の水槽設備を整備しなければならない)によって実際に活魚輸送を拡大普及させることは容易なことではありません。
活魚の市場が拡大することで、魚価と生産者所得の適正化が進み、また、安全安心志向と高品質志向が進む消費者ニーズも満たされるようになると思われます。また、地方特産の活魚をこれまで運べなかった遠距離に届けることができるなら地方産業の振興にも役立つものと考えられます。
マリンバイオは、安全無害な二酸化炭素を利用して活魚を麻酔することで、これまで運べなかった遠隔地へ運ぶ「活魚コンテナ」の販売を開始しました。マリンバイオは、「活魚コンテナ」を利用して頂くことで、水揚げされた活魚を安全安心な食材を求める遠隔地の消費者へ適正価格で提供できる「活魚の地産他消」システム作りを目指します。

スシ・サシミを提供する日本食レストランが世界中に増える中、新鮮素材を活かす日本食文化の正しい世界普及に貢献することを目指します。



歴史的にみると、大陸の内陸部における水産物利用は「乾物」に限られていた昔から、コールドチェーンの流通改革が進んだ近年の先進国においては「鮮魚」が中心となり、冷蔵・冷凍の魚介類が内陸部住民に届けられるようになりました。そして、魚介類流通の将来は、究極の鮮魚である「活魚」の時代へと移り変わろうとしています。大陸内陸部の住民が日常的に生きた海産魚介類を刺身で食べる時代に変わるのはそれほど遠い将来のことではないと、新活魚輸送システムの創造を目指す当社は、信じています。
現在、海外には約9万店以上の日本食レストランがあり、主にはスシ・サシミをメニューに掲げる店であると言われています。魚を生で食べる日本食文化は東南アジアから欧米にまで、世界中に広がっており、一時のブームから、魚食文化として各国に定着してきました。生魚を食べる文化の普及にともなう新鮮魚の需要拡大は著しく、世界各国において新鮮魚介類の供給は常に不足する状況にあります。スシ店は増えてもネタが不足しているためスシネタと思えないものを多く使用した創作スシなどが各国で多く見られるようになったのも新鮮魚介類の絶対的不足が原因であろうと思われます。
日本のスシ・サシミが世界に定着しつつある今、日本食を正しく伝えようとの活動が国内外で活発になってきましたが、マリンバイオは日本で水揚げされる多種多様な活魚を航空コンテナ便で世界各地に届けることで高品質食材を用いた日本食の普及を助け、日本食を正しく伝える活動に貢献することを目指しています。