Home          企業情報サイト

マリンバイオテクノロジー株式会社 Marine Biotechnology Inc.

商品ラインナップ

活魚の畜養と養殖に

畜養・養殖システムのご案内

陸上で、省エネ低コストの畜養・養殖ができる水槽システムの販売を開始します。

「酸素ファインバブル」の活用によってイニシャルコストとランニングコストを低減する省エネ技術、 それがマリンバイオの畜養・養殖技術です。


マリンバイオの「畜養・養殖システム」は、「ワンパッケージ型閉鎖循環式水槽」と「酸素ファインバブル発生装置」など複数の技術を効率的に組み合わせることによって、
① ヒーター・クーラーなどを使わずに水槽内温度を調整し、
② ワンパッケージ閉鎖循環式水槽により水質を維持し、
③ 酸素ファインバブルによって十分に酸素を供給することで、
年間を通して省エネ・低コストで、清浄な海水で活魚を畜養・養殖することができる陸上の畜養・養殖システムです。

技術的な詳細、あるいは施設設備のイニシャル・ランニングコスト、畜養コスト、養殖コスト、などの詳細についてはお問い合わせ下さい。個別のケース事にご相談をお受け致します。


オールインワンにパッケージされた水槽を使い、「酸素ファインバブル」の活用によってイニシャルコストとランニングコストを低減した水槽システム、それがマリンバイオの「畜養・養殖水槽システム」です。



 

 マリンバイオの「畜養・養殖システム」は、「ワンパッケージ型閉鎖循環式水槽」「酸素ファインバブル発生装置」など複数の新しい技術を効率的に組み合わせることによって、
① ヒーター・クーラーなどを使わずに水槽内温度を調整し、
② 「ワンパッケージ型半閉鎖循環式水槽」によって水質を維持し、
③ 「酸素ファインバブル発生装置」によって十分に酸素を供給することで、
年間を通して省エネ・低コストで、清浄な海水で活魚を畜養・養殖することができる陸上の畜養・養殖システムです



本製品の主な特徴は以下の通りです。


養殖水槽に必要な設備をオールインワンにパッケージ化されています。そのため、搬入して100Vコンセントにつなぐだけで養殖水槽として使うことができます。

② 水槽内の溶存酸素量を望む通りに設定できます。マイクロ・ナノバブル酸素で溶存酸素を自動調整するシステムで、高収容率で魚を飼育しても酸素欠乏になることはありません。

③ 水槽の稼働は自動制御されており、集中制御・WiFi遠隔操作に対応しています。

④ 年間を通して、クーラー・ヒーターを使うことなく、水槽内の水温を維持します。

⑤ 循環システムにより年間を通じてクリーンな水質が維持されます。従来の完全閉鎖循環式でみられる、養殖魚に臭みが生じるなどの現象は起きません。

《 システムの概要 》 * ご要望に合わせた仕様の変更にも対応いたします
  施  設: 施設は断熱仕様のプレハブ建屋を標準として設定しています。
        要望される10トン水槽の数と、それに合わせたシステム規模を提案いたします。
  水槽設備: 閉鎖循環式水槽システムはオールインワンにパッセージ化されています。
       そのため、基本的には本体以外の水槽付属設備は不要です。 
  温度管理: 年間を通じて光熱費を要しない水槽温度の管理を行います。
  水質管理: 沈降槽・フィルター・ドレンによる固形物除去、生物ろ過によるアンモニア分解を行う水槽です。
       また、生物ろ過で分解できない硝酸についても独自方法で除去します。
  酸素管理: 水槽への酸素供給は専用の酸素ファインバブル発生装置で行います。
       活魚の収容率に関わらず、水槽内溶存酸素量を任意に設定することができます。


《 水槽の標準仕様 》 * ご要望に合わせた仕様の変更にも対応いたします
  活魚水槽: 円環型水槽、水槽容量 10,000 L
  ろ過水槽: 生物ろ過用水槽(容量 3,000 L)
  外形寸法: W=6,600 × D=3,350 × H=1,215 mm
  主要装備: 集中制御装置 (Wi-Fi対応: iPadやSurface による無線操作が可能)、
        酸素ファインバブル供給装置、
        4波長制御LED照明 (魚の沈静化・活性化用)
        生物ろ過装置、
        内部観察カメラ(WiFi対応) 、など


技術的な詳細、あるいは施設設備のイニシャル・ランニングコスト、畜養コスト、養殖コスト、などの詳細についてはお問い合わせ下さい。
個別のケース事にご相談をお受け致します。



 すでに陸上施設などで活魚を畜養・養殖されている施設への導入、温度管理が重要でない場合などで通常の閉鎖循環式水槽としてのご利用をお考えのお客様には「畜養・養殖水槽」の単体販売も実施しております。



 畜養・養殖水槽の主な特徴は以下の通りです。


養殖水槽に必要な設備をオールインワンにパッケージ化されています。そのため、搬入して100Vコンセントにつなぐだけで養殖水槽として使うことができます。


② 水槽内の溶存酸素量を望む通りに設定できます。マイクロ・ナノバブル酸素で溶存酸素を自動調整するシステムで、高収容率で魚を飼育しても酸素欠乏になることはありません。

③ 水槽の稼働は自動制御されており、集中制御・WiFi遠隔操作に対応しています。

生物ろ過槽、物理ろ過槽、酸素ファインバブル供給装置、温度調節・窒素化合物除去、クリーニングドレン、など養殖に必要な機能をパッケージしたオールインワン型10トン閉鎖循環式水槽です。


《 水槽の標準仕様 》 * ご要望に合わせた仕様の変更にも対応いたします
  活魚水槽: 円環型水槽、水槽容量 10,000 L
  ろ過水槽: 生物ろ過用水槽(容量 3,000 L)
  外形寸法: W=6,600 × D=3,350 × H=1,215 mm
  主要装備: 集中制御装置 (Wi-Fi対応: iPadやSurface による無線操作が可能)、
        酸素ファインバブル供給装置、
        4波長制御LED照明 (魚の沈静化・活性化用)
        生物ろ過装置、
        内部観察カメラ(WiFi対応) 、など


技術的な詳細や導入価格など、何でもお問い合わせ下さい。
個別のケース事にご相談をお受け致します。