ロゴ.pngHome

マリンバイオテクノロジー株式会社 Marine Biotechnology Inc.

《 オンリーワン技術を活用して企業理念の実現を目指します


当社は「食品である魚介類に安全・安心な麻酔方法として開発した炭酸(二酸化炭素)麻酔技術」を活用して活魚流通の普及を目指しています

当社の技術は国内ではすでに「魚介類の麻酔方法および装置」として特許取得していますが、現在この特許を世界の主要国・地域(韓国、ヨーロッパ、米国、ユーラシア、オーストラリア、シンガポール、カナダ、インド、中国、香港、ベトナム、タイ)に移行出願中です。この技術を組み込んだ「活魚コンテナ」を販売、リース、レンタルなどの方法で提供することで、活魚流通の世界中普及を目指しています。

本特許は、
麻酔効果を持つ二酸化炭素を水中に溶存させること、そして
② 気体酸素を含む直径100μ以下の微細気泡(マイクロ・ナノバブル ➡ ファインバブルと呼ばれます)を使って通常以上の高濃度酸素を提供すること、
によって酸欠を起こさずに魚介類を麻酔する技術であります。

すなわち、「二酸化炭素素ファインバブルの二つを組み合わせた装置と麻酔方法 が当社の有する特許です。

特許証 頭.tif

特許の内容は、「対象とする魚介類に対して麻酔効果を奏する二酸化炭素濃度を水中に生成する工程と、水中で浮上することなく位置が保持される程度の大きさの気体酸素を含む微細気泡(マイクロバブル&ナノバブル)を供給する工程を含む、魚介類の麻酔方法」というものです。
したがって、魚介類の麻酔および沈静化を目的とした全ての「二酸化炭素を供給する器具」「酸素ファインバブルを発生する器具」を組み合わせた装置・器具は本特許を利用した成果物と見なされることになります


二酸化炭素は広範な生物種に対して麻酔効果を持っていますが、麻酔下の生物は呼吸運動が弱まっているため高濃度酸素を与えなければ酸欠に陥ってしまいます。酸素ファインバブルは魚介類のエラなどの毛細血管に直接触れることで気体酸素が体内に迅速に吸収されるとともに、酸素ファインバブルは副次的に溶存酸素を過飽和状態にする効果も有しています(原理的にはほぼ500%まで上がります)。魚介類が消費する酸素を急速に高効率で補うための水中への酸素供給技術として酸素ファインバブルは最も優れた方法だと言えるでしょう。

本特許は申請した全ての請求項を認定されていますのでごく原理的な部分が特許認定されています。そのため、本特許を回避した類似技術の開発は事実上困難であり、現状において当社は唯一実用的な魚介類の麻酔方法を有する企業です。当社はこのオンリーワンの特許技術を活用して企業理念とする「活魚の地産他消システム作り」および「日本食を正しく世界に伝える活動」を実現させ、社会に貢献できる企業となることを目指しています。